キャッシングと融資

今回は少しクレジットカードから離れて、キャッシングと融資の違いと注意点についてまとめてみました。

キャッシングと融資の違いについて

キャッシングや、融資という表現がありますが、両者の違いを知らないという人もいます。

実際にキャッシングも融資もお金を借り入れる事ですし、だいたい同じなのかなと思うのも無理はない事です。

融資とキャッシングとの間には、実は結構な差があります。

キャッシングは、基本的には無担保でお金が借りられます。

無担保、無保証人で借りられる金融商品が、キャッシングといいます。

しかし、融資を受ける時は、担保や保証人がいなければ借りられないこともありますので、そういう点で違います。

とはいえ、融資といっても、担保や保証人がなくても金銭の借り入れが不可能ではありません。

借り入れの期間や金額などによっても、担保だけ必要だったり、担保も必要なかったりします。

ただ一般的に担保を必要とする代わりに融資のほうがキャッシングよりも金利が低いケースが多いようです。

キャッシングをしたい場合は、新たにキャッシング会社に申込みをするのではなく、クレジットカードを使うという方法もあります。

緊急にお金が必要になった時などは、審査もなくすぐに借りる事ができます。

一方で新規の融資を利用する時は審査を通過する必要があります。

当然審査の結果によっては、お金を貸してもらえないこともあるといいます。

キャッシングと融資には、細々とした部分で違いがあります。

お金を借りる時には、自分にとって使いやすい方法を選ぶだけでなく、返済についても考えて借りるようにして下さい。

キャッシングの種類と融資

以前と比較してキャッシングにしろ融資にしろ、簡単に借り入れができるようになったという印象があります。

面白く明るいテレビのCMなどの影響により、サラ金と呼ばれていた時代とは随分と異なるイメージに変わりました。

パートで働く主婦や、アルバイトの学生でもキャッシングに手を出すようになり、利用者が増加しているという感覚があります。

融資もそうですが、特にキャシングはクレジットカード付帯型のサービスが多い為、使いやすさもあって人気があります。

キャッシングを扱っている会社には幾つかありますが、銀行系や信販系だけでなく、消費者金融会社なども存在しています。

銀行系や信販系の発行するクレジットカードは、キャッシングとして使うこともできるものが多いようです。

使いやすいことから、関心を集めています。

消費者金融系の会社は融資によるお金の借り入れが多いというイメージです。

申込みをして、キャッシングカードを作ることで、ATMなどで融資や返済ができます。

消費者金融会社の窓口に行って申し込みの手続きをしなくてはいけないので、少し不便ともいえます。

ですが、キャッシングカードができれば、カードをATMに通すことで限度額までの借り入れや、返済をすることがでるようになります。

最初にキャッシングカードを作れば、以後また融資を受けたいという時にはとても使いやすいでしょう。

キャッシングと融資の注意

キャッシングを利用して融資を受ける時に、あらかじめ気にしておくべきことは一体何でしょうか。

最初に確認しておきたいのは、返済時に利子を計算する元になる金利です。

短い期間で借り入れるキャッシングは、どうしても金利が高めに設定されがちです。

とくにリボ払いなどのようにキャッシングで借り入れて分割で払う場合などは、1回払いよりも金利は高くなります。

金利を確認した上でキャッシングを利用することが、重要なポイントです。

お金を借りる時には審査を受ける必要がありますが、消費者金融系の審査は銀行系や信販系の審査よりもハードルが低く、短期間で結果が出ます。

ただし、審査が通りやすい代わりに、高金利で貸付が行われることがよくある例ですので、貸付条件はきちんとチェックしておくことが大事です。

最近は、たくさんの人にキャッシングや融資といったお金を借りる方法を知ってもらう為に、無利息の期間を設けたサービスも人気があります。

キャッシング会社によっては、一定期間の融資を無利息にするケースもあります。

お金を借りるなら、金利のかからない期間のあるサービスを選ぶなど、上手に利用しましょう。

キャッシングにしろ、融資にしろ、他者からお金を借りる以上は、利息をつけて返済しなければなりません。

キャッシングを利用する時には、完済までに必要な金額や、他のキャッシング内容をチェックして、無理なく返済できるような計画づくりをすることです。

そして、最後に金利だけに注目するのではなく、キチント元本を返せる計画を考えて下さいネ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ