クレジットカードの審査

クレジットカードの審査

クレジットカードを作りたいのであれば、金融会社の審査をパスしなければならないものです。

審査に不利な人とは、定職についていない人や、カードの支払で滞納したことがある人などです。

いくら申し込んでも、審査で利用を断られることがあるので、注意が必要です。

幾つかのクレジットカード会社の審査でうまくいかなかった場合は、状況が変わるまでクレジットカードを作ることはできないでしょう。

どのクレジットカード会社でも、審査では収入や今の職場で働いている年数、キャッシング利用歴は確認し、その人の信用能力を判断します。

勤務先の確認も行うことが多く、実際にクレジット会社から勤め先に確認の電話が入ることも少なくありません。

人によっては、クレジットカードがなかなかつくれないこともあります。

現在複数社の金融会社からお金を借りているという人や、仕事をしておらず収入がないという人です。

過去にキャッシングやカードローンの支払いを滞納したことがある人や、破産の経験がある人はブラックリストに載っています。

審査で断られてしまうことがほとんどです。

多くの場合、審査を通過しなかった人は、その会社系列でのクレジットカードが作れません。

別のクレジットカード会社なら、基準が違うため審査に通ることもあります。

どうしてもクレジットカードを作成したい場合には、カード会社を変えて申請してみるのも1つの方法です。

クレジットカードの審査基準

クレジットカードを持つことが一般的になっていますが、審査を受けなければカードはつくれません。

クレジットカードは、審査に通る人だけが発行されるものとなります。

それぞれのクレジットカード会社は、入会審査の判断基準として3Cと呼ばれるものを取り入れています。

では、3Cとはどういった基準になっているでしょう。

キャッシングの信用力がある人とは、弁護士や医者など社会的な地位が高い人を指す傾向があるようです。

公務員などの安定した職業についている人や上場企業に勤務する社員なども含まれます。

条件的には年収が高く、勤続年数が長く、家や不動産を所持している人です。

水商売や肉体労働者などは収入が安定しない職業と見なされています。

また、フリーターやアルバイトの収入も不安定であるとされ、審査ではマイナスです。

信用力のある人なら、高額の融資やクレジットカードのサービスを提供しても回収の見込みが高いため、会社側としても安心できるというわけです。

3Cの1つめはCapacityと呼ばれ、資力を意味します。

継続して返済することのできる一定の収入があるかどうかという返済能力をみるものです。

3Cのうち、二つめは資産、キャラクターです。

責任感を持って返済をすることができるかどうか、申込者のひととなりを判断するものです。

資産を意味するCAPITAL(キャピタル)が、3Cのうちの第三のCです。

住居や貯蓄などで、現時点でその人の持つ財産です。

クレジットカードの審査には、きちんとした審査基準があるのです。

クレジットカードの審査基準は会社により異なる

新しくクレジットカードが欲しければ、審査を受ける必要があります。

沢山のクレジットカード会社があるため、どの金融会社にすべきは迷ってしまうこともあります。

審査基準はそれぞれのクレジットカード会社によって異なるといいます。

銀行系のクレジットカードは銀行または子会社が発行するクレジットカードです。

発行されているクレジットカード自体の枚数も多いですが、審査に通りにくいという特徴もあります。

クレジットカードの中でも、社会的な地位が高いと言われています。

申込みは社会人3年目以降か、他のクレジットカードで返済の実績をつくってからのほうが審査に通りやすいといえます。

お客が繰り返し来てくれることを期待して発行される流通系のクレジットカードは、発光元の百貨店やスーパーでの割引などが充実しています。

主婦や学生など、クレジットカードを使う店舗がある程度決まっている人にとっては、とてもお得なカードであるといえます。

発行枚数では信販系を抜いているといいます。

銀行系のクレジットカードで審査に通らなかった人は流通系のクレジットカードから始めてみると良いかもしれません。

自動車ローンやショッピングローンなど、ローン商品を取り扱っている金融会社が、信販系のクレジットカード会社です。

消費者金融系のクレジットカードは、審査に通りやすいという特徴があります。

審査の難しさは最も大変なのが銀行系、その次が信販系、最後が消費者金融系だといいます。

カード会社によって審査基準はかなり異なるものなので、今の自分の状況に合ったクレジットカードを申し込むことが審査に通るポイントになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ