公共料金のクレジットカード払い

今まではクレジットカードで公共料金の支払いをすることは不可能でした。

クレジットカードの手数料の問題や国や自治体がクレジットカード会社の利益誘導になることへの懸念があったようです。

最近は、利用者の利便性、回収率のアップのため、クレジットカードで公共料金払いができる自治体が増えています。

電気、ガス、水道、固定電話、放送料金など支払をできるものですが、それぞれの自治体によって多少違ってきます。

新聞購読料、インターネットプロバイダ料金などもクレジットカードで支払うことが可能です。

毎月クレジットカードで公共料金を払うことで払い忘れてしまう気がかりはなくなりますし、払い込みが面倒な人にはぴったりです。

公共料金の支払いでクレジットカードのポイントをどんどん加算できるのも利点ではないでしょうか。

公共料金は毎月必ず支払うものです。特にクレジットカードを使った決済をしていなくても、少しずつポイントを貯めることができます。

公共料金の支払い履歴としてクレジットカードの明細を使えるのは、金銭管理という意味ではメリットです。

クレジットカードに入会する時に公共料金の支払い手続きができる会社が増えています。

クレジットカードの公共料金の支払いのセッティングを、近ごろはインターネット上の操作ですることも不可能ではないようです。

クレジットカードで引き落とせるようにしておくと、電気代、ガス代、電話代などの月々の料金の支払いがお得なるといいます。

最近はコンビニで公共料金を払うという人も多くなりましたし、銀行で公共料金を自動払いに設定しているという方もいます。

様々なものが、クレジットカードに対応しています。

カード払いが安いというわけではないものの、クレジットカードの特典を賢く利用すればカード払いにはメリットがあります。

支払いまでの猶予期間が長くなったり、クレジットカードのポイント特典が使いやすくなったりもします。

日ごろから利用頻度の多いクレジットカードを活用することでポイントも入りやすくなり、支払い管理もより簡単になるといいます。

携帯電話の利用料金を払う時には、携帯会社のクレジットカードを利用するとお得なこともあります。

ポイントが多めに加算されたり、携帯の紛失トラブルなどがあった時の保障にも対応ができます。

クレジットカードのポイント付与は、毎月必ず支出が出るようなものにつけておくといつの間にかポイントが入ります。

クレジットカードでの支払いは、今はコンビニレジや銀行窓口で払っているという人にはお手軽です。

切り替えを検討してみてはどうでしょうか。最近では、電気、ガス、国民年金、携帯電話料金などクレジットカードに対応しているものはたくさんあります。

そんな訳で水道やガスなどの公共料金を、クレジットカードから支払っている人がふえています。

では公共料金をクレジットカードで支払うとどんなメリットがあるのでしょうか。

公共料金の支払い方法には、この他、コンビニ払いや、口座振替といった方法があります。

これらの方法と比べてクレジットカードのいいところは、ポイントを貯めることができることです。

公共料金を口座引き落としで払った場合はポイントになりませんが、クレジットカードは支払金額が高いほどポイントが入ります。

クレジットカードで公共料金を支払い続けている限り、支払金額の0.5%~1.5%がポイントになります。

家によって公共料金にかかる費用は異なるでしょうが、少なくとも4万円くらいの支払いをしているのではないでしょうか。

年間50万円程度になるので、1.5%還元されたらかなり大きな金額ではないでしょうか。

毎月お金が引かれていく口座引き落としも便利ですが、延々とお金を払い続けるだけです。

しかし、クレジットカードを使えば、支払金額の一定額が実質的に戻ってくるのです。

全ての公共料金がクレジットカードに対応しているわけではなく、自治体ごとに異なっているため、自分で確認することが大事です。

クレジットカード払いが可能な公共料金があったら、優先してカード払いの手続きをしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ