クレジットカードによる決済

クレジット決済とは

クレジット決済にはどのような特徴があるのでしょうか。

クレジットカードを普段から携帯している人はたくさんいます。

一時的にカード会社が立て替えるという形になるのが、クレジットカードの決済です。

カードの利用額をまとめて、カード会社は月に1度利用者に対して請求することになります。

リボルビング払いや分割払いなどに対応していることもクレジットカードの便利な点です。

加盟店でのみ可能なのがクレジットカードの決済です。

決済手数料として3%~5%の金額をクレジットカード会社に加盟店は支払っているようです。

買い物が現金を持たずとも、クレジットカードで決済をすれば可能になります。

クレジット決済はセキュリティ的な面でも、まとまったお金を高額な品物を買う時も持たずに済みますのでメリットがあります。

その反面、クレジットカード会社に手数料を加盟店側は支払う必要があるようです。

買い物をしたいけれど手持ちのお金がない顧客や分割払いで商品を購入したいという顧客に対し、そのときに販売機会を逃さず買い物してもらうことが可能になります。

クレジットカードの決済では、本人確認のサインや暗証番号の入力が必要になります。

サインレスシステムにより利便性や効率を重視した決済方法が、最近小口の決済やネットショッピングでは導入されていることもあるようです。

クレジットカードの支払方法

ではクレジットカードの支払いには、どんな方法があるのでしょう。

複数の支払い手段がクレジットカードには設定されていますが、一括払いで払っている人が多いと言われています。

カードを使った翌月か翌々月の支払日に、カードで使ったお金を全て支払うというやり方です。

一括払いは、クレジットカードの返済の約9割を占めているといいます。

リボルビング払いや分割払いで、カード決済をしたぶんを支払う人もいます。

分割払いは、月に一回の返済を3回、6回、15回のように複数回に分けて行うものです。

クレジットカードの決済をする都度、支払い回数を指定することができ、支払金額には金利がつきます。

クレジットカードの分割払いのいいところは、その時々の都合に合わせて返済回数が決められる点です。

何回で支払いが終わるかを決めやすいので、計画的に支払いをすることが可能です。

数件のカード返済を続けていると、何日に幾らの払いが発生するのか把握しづらくなったりもします。

事前に月々の支払い上限額を決めておき、それ以上の支払いは繰りこすのがリボルビング払いです。

月々三万円までのリボ払いにしていれば、10万円の買い物をしても、その後に15万円の買い物をしても、返済は月々三万円です。

ただし、残高に利息は付き続けます。

毎月一定金額以上の支出がないため、家計を立てやすくなる方法です。

しかし、クレジットカードの利用金額が多くなれば結果的に利息がふえます。

クレジットカードの支払いには色々なやり方ありますので、どの方法がやりすいやかをよく考えてください。

クレジットカードの決済日

普通クレジットカードは、決済日と月々の締め日とがカード会社ごとに決まっています。

クレジットカードの決済日とは利用代金が引き落とされる日を指しています。

請求金額をカード会社が決定する日が締め日です。

先月16日~今月15日までの決済額の合計が、翌月10日に引き落とされるのは、例えば15日が締め日で翌月10日が決済日とした場合です。

もし引き落とし日が土日や祝日と重なったとすると、多くのカード会社は翌営業日を引き落とし日にしているようです。

クレジットカードを利用する時は、締め日を意識することで支払いのタイミングを微調整することができます。

締め日の直後に買い物を、どうしてもその日でなければ買えないものでなければしたほうが良いでしょう。

金額の支払いをクレジットカードを使った分する場合、日にちを遅くすることが可能となるのです。

カードのそれぞれの締め日と決済日を、複数のクレジットカードを持つ人は特に意識しておくべきです。

調整することができるのが支払いのタイミングです。

支払いまでの猶予期間をカードを使ったときから延ばすことで家計のやりくりもすこしやりやすくなるでしょう。

時には給料日を一回ぶん多く挟むこともできます。

そのカードの締め日や決済日を意識することが、クレジットカードを賢く使うためには重要なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ