クレジットカードとローン

クレジットカードとローン

クレジットカードやローンは便利な存在です。

クレジットカードは、社会人になれば過半数の人が所持しているようです。

中には多くのクレジットカードに付帯されているローン機能を上手に活用している人もいます。

ローン会社からは、取り決めた条件に基づいてお金を借りることができます。

10万円程度の少額の借り入れの場合、クレジットカードを利用したローンはとても便利です。

クレジットカードがあれば、銀行で借りるより手軽です。

クレジットカードによってはATMが利用できるので24時間カードローン機能を利用することもできます。

クレジットカードを使ったローンやキャッシングが手軽にできるようになっているため、返済能力をオーバーする借入を行う人も出てきているようです。

貸金業に対する法律が2010年6月に変更されたことで、以前よりも借入は難しくなっています。

法律が変更されたことによって、クレジット会社やノンバンクによっては新たなローンを断るようになったところもあります。

一方で銀行系の金融会社や大手のクレジット会社は、ますます便利になったトカードローンやキャッシングに力を入れている傾向があります。

銀行系の金融会社は、他の金融会社より金利が低いと言われています。

クレジットカードのローンを使う時などは、下調べをしてみるといいかもしれません。

クレジットカードローンのメリット

クレジットカードでカードローンやキャッシングを使うという方法があります。

クレジットカードの存在は大手の銀行だけでなく様々な金融会社がアピールしており、多くの人が持つようになりました。

実際、住宅ローンや自動車ローンなどといった高額のローンは事前に厳しい審査があります。

融資を受けるには何日か待たなければならないこともあります。

クレジットカードには元々ローンの機能がついているため、カードほ使えば待たされることなくお金が借りられます。

目的型ローンのうち、住宅を買うためにまとまったお金を必要としている場合、担保を立て低金利で借りることもあります。

借入金額の少ないカードローンは、無担保で融資をしてもらえます。

カードローンを用いてATMからお金を引き出すのであれば、忙しい人でも手近なところからお金が借りられます。

若い人は、カードローンでお金を借りる時はクレジットカードを使う傾向があるとされています。

カードローンを取り扱っているクレジットカード会社は、銀行系の融資と比較すると審査や申込みが簡単だとされています。

この頃はクレジットカードの申込み手続きをネットでもできるようになり、キャッシングの上限額設定も簡単になりました。

思いがけないことがあった時でもすぐにローン融資が受けられるようにと、クレジットカードを作ったという方もいます。

クレジットカードとカードローンの注意点

クレジットカードやカードローンを使う時に気をつけるべき点とはどんなものでしょう。

金融法の改定により、今まで問題になっていたグレーゾーンが撤廃されました。

現在では新たにクレジットカードを使ったローンやキャッシングを使う時は、金利は高くて20%です。

非合法な貸付を行っている、いわゆる闇金融に対する規則もきついものになりました。

よりクレジットカードやカードローンを安心して利用できるようになりました。

クレジットカードによる買い物やキャッシングの利用といったことが手軽になりました。

借りすぎて、現在の収入だけでは返済が追いつかないという人もいます。

特に家計のチェックが適当だという人や、月々の収入に波がある人は気をつけましょう。

カードローンで借りすぎたり、クレジットカードで物を買いすぎた結果、自力で返済できる金額を越えてしまうこともあるといいます。

今では、法律が変わったことにより、年収の三分の一を超える金額をキャッシング会社から借りてはいけないことになっています。

一枚一枚のクレジットカードの利用額がさほど多くなくても、何枚もカードで買い物をしていれば、返済に回さなければならないお金が増えます。

お金を融資する側の各金融会社も、新規の顧客獲得にさまざまなサービスを展開しています。

たとえ低金利であろうとも、カードローンは借金です。

クレジットカードは決済の時などに役立つものですが、カードローンとは根本的な違うものと判断していいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ