多重債務とキャッシング

今回はクレジットカードから少し外れますが、多重債務についてお伝えします。

多重債務とキャッシング

キャッシングやカードローンなどの融資を数社から借りている状態のことを、多重債務と呼んでいます。

キャッシングとは、でキャッシングの申し込みや返済などが出来る機能のことです。

キャッシングカードとしても利用できるクレジットカードも珍しくありません。

銀行のキャッシュディスペンサーやコンビニエンストアのATMでも融資が簡単に受けられるシステムです。

手軽に融資が受けられることで、自分のお金のような感覚で使ってしまう人もいます。

そのため、過剰にお金を借りてしまうという人もいるようです。

キャッシングの使いすぎで多重債務の状態になってしまうという人が増えています。

多重債務者を増やさない目的で2010年6月に法改が正行われ、年収の3分の1以上の新たな融資はされないようになりました。

実際に多重債務に陥っている人は新たに借り入れが出来なくなり、借入額をいたずらに増やすこともなくなると予想されます。

キャッシングに関する法律が見直されたことで、多重債務の減少が期待されているといわれているようです。

キャッシングやカードローンの融資機能は計画的に利用する場合には大変便利な機能です。

返済の見通しをきちんと立ててキャッシングを利用し、多重債務にならないようにしましょう。

キャッシングでの多重債務

キャッシングは安易な意識で借りすぎることによる多重債務に陥るケースがあります。

ネットキャッシングも普及し、キャッシングは近年ますます便利になりました。

キャッシングは一旦手続きを終了すると、以後は繰り返し使えるという利便性もあります。

インターネットで融資を申し込むとすぐに指定口座への振込みが行なわれるというサービスも多いようです。

思いがけないタイミングでお金が必要になった時などは、とても便利な存在です。

最近では、いつでも申込みができるネットキャッシングや、申込みやお金の受け渡しができるキャッシング用のATMもあります。

第三者に顔を見られる心配もありませんし、知り合いに目撃される心配もごくわずかです。

手軽に使えすぎるため、人からお金を借りているという事実を失念しがちです。

どんなに手軽でも、借りたお金であることは事実です。

キャッシングを使っているうちに、借りたお金であるという認識がなくなっていきます。

カード破産や多重債務者が増えているのは、このような事情からです。

ネットで簡単に申し込みが出来て、安易にキャッシングを繰り返すことにより返済が出来なくなります。

多重債務者の増加には、キャッシングの返済に必要なお金を別のキャッシング会社から借りるという悪循環もあります。

キャッシングは急にお金が必要な時でも対応が可能でとても便利ですが、うっかり借りすぎて多重債務状態にならないように十分気をつけましょう。

キャッシングで多重債務にならない為には

多情債務の可能性があるとして、キャッシングカードを何枚か持っているだけでローンの審査などが不利になることがあります。

今すぐ現金が必要だという時でも、クレジットカードやキャッシングカードを持っているなら、対応の取りようはあります。

キャッシングカードで使っていないものがあったり、クレジットカードのキャッシングサービスが放置されているなら、全ての機能を確認しなおしてみるといいでしょう。

年会費を取っているものは、解約すれば得になります。

今後必要な時のために持っているというキャッシングカードでも、マイカーローンや住宅ローンのような大きなローンを組む場合、審査に響く可能性があるため要注意です。

キャッシングカードが手元にあると、特に現段階でお金を借りていないという場合でも、新規ローンの審査では多重債務になる確率がある顧客だと判断されやすいようです。

カードローンやネットキャッシングなど、手軽に融資を受けられるカードの管理は慎重に行うようにしましょう。

2010年6月に法律が見直され、キャッシングに関する制限が部分的に増えたことも知っておく必要があります。

新たな借り入れが出来ずに大変な思いをしている多重債務者が相談窓口に訪れ、国や県が対応に追われている状況が一時多く見かけました。

身近な人に内緒でキャッシングをして多重債務になった場合、相談することもできず精神的な苦痛を抱え込む人が大勢います。

多重債務の問題を未然に防ぐには、キャッシングで困ったことが起きた時に早期に相談相手を見つけ解決策をさぐりましょう。

まずは安易に借りないこと。そして計画的な返済を行い、困った時は、早い時期に相談しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ