電気料金のクレジットカード払い

電気料金のクレジットカード払い

公共料金のように毎月ある程度の額を一定の時期に支払わなければいけないものがあります。

そういうものはクレジットでカードで支払うと便利なだけではなくお得になるケースがあります。

最近はさまざまな公共料金をクレジットカードで支払えるようになっています。

今回お伝えする電気料金も例外ではありませんネ。

クレジットカードの引き落としで電気料金を支払う一番のメリットはカードのポイントが貯まることなどです。

電気料金によっては口座振替をすると月々50円安くなったりします。

電気料金が5000円以上になる場合、クレジットカードを使うと支払いが得になるというサービスもあるといいます。

電気料金をクレジットカード払いにするにはまず電力会社に口座振替からクレジットカード払いに変更した旨を伝えます。

電力会社から申し込み用紙が送付されてきますので、カード番号などの情報を入力して返送します。

クレジット払いをしても最終的に引き落とされるのは今までどおり銀行口座からです。

なので、クレジットカード払いにするデメリットは殆ど無いのです。

それどころかクレジットカード払いにしたほうが断然お得なのです。

クレジットカード払いにできるのは、申し込み用紙を送ってから1、2カ月後です。

電気料金に関する手続きは、全国大体同じものです。

JCBやVISAなどの大手クレジットカード会社であれば電気料金の支払いにクレジット払いを利用することができます。

クレジットカード払いを利用して電気料金を納付できれば、色々とお得な状況になることでしょう。

申し込み用紙を送って、2ヶ月経ってもクレジットカード払いに切り替わっていなければ問い合わせをしたほうがよいでしょう。

電気料金をクレジット払いにするメリット

電気料金をクレジットカード払いにすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

クレジットカードにはさまざまな特典がついているものがたくさんあります。

ひとつがポイントです。ガスや水道などの公共料金や、電気料金、ネット料金などは、生活をしていると月々必ず発生する出費です。

これをクレジットカード払いにすると、何もしていなくても勝手にポイントが入ります。

電気料金をクレジットカード払いにするもうひとつのメリットは家計管理がしやすくなるということです。

公共料金がいつ引き落とされるかに関係なく、カードの支払日が料金の支払日になります。

あらかじめその分の残高を用意しておけば良いのです。

カードの利用明細にもはっきりと電気料金が記載されるので家計簿代わりに確認することもできます。

電力各社は電気料金支払い用のクレジットカードを発行していたりします。

このカードで電気料金を支払うと、ポイントが倍になる場合があります。

電気料金は毎月必ず支払うものなのでポイントがどんどんたまっていきます。

電気料金を支払う時には、クレジットカードを有効に使うことことが大事です。

インターネットからも支払い方法の変更が出来るケースが多いので、チェックしてみましょう。

電気料金のクレジット払いでの注意点

電気料金のクレジット払いを利用する場合のチェックポイントもお伝えしておきます。

ポイントもたまりますし、簡単に手続きができるクレジット払いにはメリットも多いのですが、注意することは何かあるのでしょうか。

まずはクレジットカードの利用限度額をオーバーしていないかです。

支払い時には必ず注意する必要があります。

クレジットカードを使って買い物をしすぎた結果、限度額いっぱいになってしまって電気料金の支払いが足りないなんてことになる場合があります。

電気料金の支払いに利用しているクレジットカードの利用限度額はあらかじめよく調べておいて下さい。

もう一つのケースとして公共料金のクレジットカード払いに手数料がかかる場合があります。

電気代が1万円だとしたらポイントが1%で100円、手数料が50円だったら50円の得ですよネ。

でも電気代が5000円だったらこの場合は損をしてしまいます。

なので、事前に手数料がかかるかどうかをチェックしておいて下さい。

もう一つがクレジットカードの盗難や紛失といったトラブルです。

クレジットカードを紛失した時はカード会社への利用停止手続きが必須ですが、その場合は電気料金が払えなくなります。

こういう時の手続きはちょっと面倒かもしれませんネ。

クレジットカードを使って電気料金を支払うことになったら、カードの管理には注意しましょう。

でも、そう言ったデメリットも踏まえてメリットをうまく利用しましょう!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ