クレジットカードとキャッシング

キャッシングとクレジットカードの違い

クレジットやキャッシングを利用する人がふえていますが、キャッシングとクレジットはどう違うのでしょう。

クレジットカードは、信用力に応じて金銭サービスを受けることができるものであり、クレジットという言葉は信用を意味します。

現金を支払わずに、クレジットカード会社に代理で支払いをしてもらうことができます。

クレジットカードには、旅行傷害保険やポイントサービスなどの特典が付帯しているものも少なくありません。

信販会社や、クレジットカードの発行会社からカードを作ってもらうことができます。

一方、キャッシングとは現金の融資を受けられるというものです。

キャッシングとは消費者金融、信販会社、クレジット会社などから現金を借りることなのです。

クレジットカードは買ったものの支払いを遅らせてもらうことで、キャッシングは借金をすることといえます。

キャッシングカードとクレジットカード、どちらのカードとしても利用できるような金融商品を取り扱っている会社も存在しています。

ですが、より大口の借り入れを受けたい場合、クレジットカードよりはキャッシング用のカードの方が使いやすいようです。

キャッシング会社の発行するキャッシングカードは、キャッシングサービスのみという傾向があります。

お金を借りる手続きを、ATMにカードを入れて行うことができます。

多目的に利用したいならクレジットカード、まとまったお金を借りたいのならキャッシングカードを選ぶのがおすすめです。

キャッシングのできるクレジットカード

クレジットカートでキャッシングができるものがあります。

クレジットカードはごく一般的な存在になっています。

お金を持ち歩かずとも、クレジットカードがあれば手軽に買い物ができます。

それだけでなく、現金を借りることもできるわけです。

クレジットカードの発行時、顧客に対してカード会社が取り決めたキャッシングの限度額があり、その金額以下であれば何回でも現金を借りることができます。

現金が必要な時は、クレジットカードで融資が受けられるといううれしいサービスです。

返金するときには、クレジットカード会社が定める金利を上乗せします。

金利18%で融資を行っているキャッシングを利用し、10万円を10日間借りたとすると、利息は493円であり、返済総額は10万493円です。

キャッシングで借り入れ可能な金額と、クレジットとして使える金額は違うことが多いようです。

限度額を比較した場合、クレジットよりもキャッシングの限度額の方が少なく抑えられています。

クレジットカードの利用明細が届く時に、限度額や金利も書かれていますので、チェックしてみてください。

どんな条件で借り入れが可能なのか、クレジットカードごとに条件は差がありますので、個別に調べておくことといいでしょう。

クレジットカードのキャッシングは大きなお金を長く借りるより、少額のお金を短期間借りる方が向いているので利用目的によって使い分けるようにしましょう。

クレジットカードでキャッシングする時の注意点

クレジットカードでキャッシングをする場合は何に留意するといいでしょう。

最近はクレジットカードを持つ人が珍しくなくなっており、普段のショッピングなどでも活用されています。

最近では、キャッシングサービスをクレジットカードで使っているという人もいます。

クレジットカードを利用してキャッシングをする場合、クレジットカードに設定されているキャッシングの限度額が用いられます。

クレジットカードでお金を借りたいという時に審査があるのではなく、カードを発行した時にはキャッシングの審査も終わっています。

クレジットカードでキャッシングを行う場合には注意しなければならないことがあります。

キャッシングをしても、利用条件を守って返済していれば、審査に影響が出ることはありません。

ただし、クレジットカード側にしてみれば、本来のクレジットサービスが本命であり、キャッシングサービスはおまけのサービス的な位置です。

滞納させたことがなくても、クレジットカードから常にお金を借りていると、そういう客と判断されます。

今後、別のカード会社でクレジットカードを発行してもらおうとすると、審査でマイナス査定されることがあります。

やむをえずその時だけキャッシング機能を使うのはいいかもしれませんが、慢性的にキャッシング機能を使い続けるのは考えものでしょう。

便利なクレジットカードのキャッシング機能ですが、注意して利用するようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ