クレジットカードの返済方法 - 一括・分割・リボ払い

クレジットの返済方法

クレジットカードやローンは、不測の事態に陥った時などに金銭的なサポートが受けられます。

どんな返済方法があるでしょう。

一度にまとめて借りたお金を返す一括返済は、シンプルでわかりやすい返済方法であるといえます。

手数料が発生しないことから、まとめて返すことは大変かもしれせんが、基本的に一括返済で支払っているという人もいます。

分割返済でクレジットカードのお金を返す方法は、高いサービスを買った時などに使われます。

クレジットカードやローンの月々の返済負担を軽減したい人は、リボルビング払いという方法を使います。

決まった金額以上の返済金額は繰り延べになるので、毎月の返済を一定水準に維持しておけます。

全額返し終わるまでの時間が長くなりがちなことや、ついクレジットカードを利用しすぎてしまうことなどがあるようです。

この他にも、幾つかの違いで、リボルビング払いの中には差があります。

リボルビング払いには、残高スライド式、定率式、定額式など、計算方法にバリエーションがあります。

返済方法は、家計の状態や、どんな借り方をしたいのかによって決められます。

返済方法ごとの特性を理解しておくといいでしょう。

無理なく、確実に返済ができる返済方法を決めてクレジットカードを使うことが、よりよいやり方といえるでしょう。

クレジットをリボ払いで返済する方法

すぐに欲しいものがある時などにクレジットカードを使う人が増加しています。

クレジットカードには幾通りかの返済手段があります。

一般的には、一度でまとめて支払うことで手数料がかからないようにする人が多いですが、最近はリボルビング払いクレジットカードの支払い方法にする人もいます。

返済方法にリボルビング払いを使った場合、手数料がかかることに要注意です。

毎月支払うクレジットカードの返済金額は、最初に決めた金額が上限となります。

利用限度額以下であれば、何度でもクレジットカードは使うことができます。

どのようにリボルビング払いをするかは、もう少し細分化ができます。

基本的な支払い方法は、月々の支払い額が決まっている定額リボルビング方式です。

段階的に金額が決まっているものは残高スライドリボルビング方式、比率が決まっているものが定率リボルビング方式です。

また、定額リボルビング方式といっても、手数料が定額の金額内に入るものと、入らないものとがあり、それぞれ計算のやり方が異なります。

月の返済額を決める時に、完済までの残高における一定の割合という形にすることが、定率リボルビング方式の特色であるといえます。

クレジットカードで幾ら借り入れをしたかによって、返済しなければならない金額が段階を踏んで上昇するのが残高スライドリボルビング方式です。

いつの間にか、クレジットの返済が高くなり過ぎてという事態を未然に防ぐことができる方法です。

月々の返済方法をやりやすい方法に設定することによって、より快適にクレジットカードを使うことができるでしょう。

クレジットの分割払いでの返済方法

どんな返済方法を選択するかは、クレジットカードを使う時に重要です。

基本的には一括での返済を選ぶ人が多いですが、分割払いでクレジットカードを利用する人も多くいます。

分割払いにすることで、リボルビング払いのような使いやすさからくるカードの使い過ぎを防ごうとする人もいます。

月々の返済金額や回数は、原則的にクレジットカードを使う時ごとに決まります。

何回もクレジットカードで買い物をしていると、翌月の返済が苦しくなることは目に見えています。

来月の返済が苦しくならないよう、クレジットカードの利用を控えようという発想にもなります。

リボルビング払いで返済をすると、月々の返済金額が一定額以上にならないので、つい軽い気持ちでカードを使ってしまいます。

分割払いと一括払いの返済金額を比べると、借入額が同じでも、分割払いの方が利息分は返済金額が多くなってしまいます。

クレジットカードの決済料金を分割で支払う場合は、アドオン方式で手数料を計算します。

まず最初に利息分を支払い、その間は元金に対する利息は通常通り計算するのがアドオン方式の特徴です。

仮にアドオン方式が採用されている場合、実質年率では結構な高金利になっていることもあります。

クレジットカードは使いやすいものですが、手数料がどのくらいかかるかを把握しておく必要があります。

どんな返済方法が望ましいかは人によって違いますが、借入金にできるだけ手数料かプラスされないようにすることで、返済の負担を軽減できます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ