クレジットカードの使用手数料とは

クレジットカードで決済をした時に、手数料がかかったという人は意外といます。

クレジットカードの使用手数料には、カード会員が支払うものと、加盟店が支払うものがあります。

クレジットカードを分割払いやリボ払いにすると手数料がかかります。

また、キャッシングカードとした使った場合や年会費という形でも手数料がつきます。

一方、クレジットカードの加盟店は、カード決定額に応じて一定割合の手数料をクレジットカード会社に払ういます。

大体3%~7%が相場です。

支払の先は、クレジットカード会社となっています。

クレジットカードで決済をした時に、その店がクレジットカードの手数料という形で請求をされたという人は少なくないようです。

加盟店がカード会社に払うべきお金を、客に肩代わりさせたということができます。

カード会員に肩代わりさせる目的で上乗せしているので、お門違いというものでしょう。

支払う必要はありません。

カード払いより現金払いの方が安く購入できるという店もありますが、それは手数料ぶんが差額になるためです。

お店側としては、クレジットカードより現金を使って商品を買ってくれた方が手数料がかからず、確実にお金が入るというわけです。

ポイントの付与率を現金の方を有利にする店もあります。

手数料は決済額に加算されているか、クレジットカード払いの際には注意をしてみてください。

クレジット販売と手数料のはじまり

手数料がかかるほど、クレジットカード会社にとっては利益となるといえます。

クレジットカード会員と加盟店が増えればカード会社の利益はあがります。

クレジットカードの加盟店は、加盟店契約をした時に、カードで支払われた売上げの3~7パーセントを手数料として払うと取り決めています。

もしもクレジットカードでの決済額が10万円であれば、手数料は3000円~7000円です。

この手数料はそっくりクレジットカード会社に支払われるのです。

一人でも多くの人に自社のクレジットカードを持ってもらうために、クレジットカードは年会費無料制度やポイント特典、優退サービスなどを打ち出してします。

クレジットカードを持つことは、今や当たり前になりました。

1895年、田坂善四郎という人物が呉服屋だった丸善で始めた月掛け売りが、日本で行われた最初のクレジットカードです。

クレジットカード会社に相当する部分がありませんでした。

江戸時代に行われていた掛け売りの形に近く、手数料などはなかったようです。

クーポンやチケットを使った、クレジット販売が発展して、現在のクレジットカードになりました。

各地域の小売店が集まって商会を形成し、手数料を受け取る代わりに商品の立て替えを行っていました。

このような形での販売は1949年には行われており、クレジットカードの手数料のルーツは60年以上昔にまでさかのぼります

クレジットカードの手数料を支払うメリット

どんなメリットがクレジットカードの手数料を支払う場合にはあるのでしょうか。

カード会社は、カード会員がクレジットカードを使用したときに、利用料金を立てかえるというのがクレジットカードの仕組みです。

カード会員が自分の銀行口座に、使った料金が引き落としされる日までにお金を振り込んでおくという信用があるからこそ、利用料金をクレジットカード会社が代わりに支払うことができるのです。

信用の証明として代わりに加盟店がカード会社に払い込まなければならないのが、利用代金の3~7%程度の加盟店手数料です。

手数料を納めなければならない加盟店は、カードを使って買い物をするお客の場合には利益が少なくなります。

それでも利点は、ちょうどお金を持っていないという人や、高い金額の商品を買うのをやめてしまいそうな人にも買ってもらえることです。

結果としてクレジットカードのおかげで店の利益は増加することになるといえるでしょう。

しっかりと収益は上がるので、多少クレジットカードの手数料を払っても良いのです。

クレジットカードを使うと、現金ではなかなか買う気持ちになれない場合でも買ってしまうということもよくあります。

十分な利益が、お客を失うことがないということからも店側にはあるのではないでしょうか。

クレジットカード会社に使った料金を代わりに支払ってもらうことになるのがクレジットカード会員で、クレジットカードの利用手数料はその手数料ということになります。

加盟店手数料を加盟店からもらう代わりに収益アップをさせるという利点を、クレジットカード手数料を取る代わりにクレジットカード会員には買い物をしやすくするという利点を与えているのがクレジットカード会社なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ