クレジット一体型Edyカードの特徴と注意ポイント

Edyカードとクレジットカード

Edyカードというものがあります。

楽天Edy株式会社が出している電子マネーです。

カードまたは携帯電話に非接触ICチップの技術を使っているのが特徴で、電子マネーとしては、国内最大規模の累積発行枚数を誇っています。

Edyには多種多様な形のものがありますが、その中でもいちばんよく利用されているのがカード型のEdyです。

社員証や学生証、クレジットカードやキャッシュカード、会員証にEdyがついたものがあります。

モバイル型の場合にはNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、ウィルコム各社のおサイフケータイとして、専用アプリをダウンロードして使います。

またリストバンド型やストラップ型の個性的なものも出ていました。

もちろん多く発行されているタイプはクレジットカード一体型で、クレジットカードにEdy機能を搭載しているものです。

1枚のクレジットカードにEdyなど複数の機能を持たせることで、財布の中をスリムにすることができます。

コンビニでのお買い物の際にクレジットカードで決済することに抵抗がある人でも、お金を払う段階でEdyカードとして専用読み取り機にかざすだけで買い物することができるのです。

現金の受け渡しの手間もかからず、レジでの処理が短時間で済みます。

しょっちゅうコンビニを使っている人は、Edyを使用するとクレジットカードがなくてもポイントがたまるので、Edyを活用した方が現金で支払うよりもポイントがたまる分おすすめです。

Edyをクレジットカードでチャージする

Edyはプリペイド型の電子マネーなので、先に入金しておく必要があります。

Edyに入金する行為をチャージといいます。

また1つのEdyにチャージできる最大金額は50,000円です。

チャージの方法としてはコンビニなどの店頭にある入金機やPOSレジから現金を入金する方法があります。

またレジでお店の人に申し出てチャージしてもらうこともできます。

ところでEdyをチャージするのにクレジットカードを使うことはできるのでしょうか。

当然クレジットカードからのEdyチャージも可能です。

ただそのためには、クレジットカードの情報を事前に登録しておく必要があります。

以前はクレジットカードでチャージをするとチャージ分のポイントがクレジットカードにも付加されていました。

Edyの使用時のポイントとチャージする際のポイントが一緒にダブルで得ることができたから非常にお得感がありました。

最近はチャージした時点ではポイントが入らないクレジットカードも多くなり、以前ほどお得度はなくなりました。

もっともクレジットカードによっては、今でもEdyにチャージすることでポイントが発生するものもあるようです。

とは言え、クレジットカード会社にとってはEdyへのチャージはプラスになることはありません。

ですので将来的にはチャージをする時に加算されるクレジットカードは少なくなっていくといえます。

クレジットカードでEdyをチャージする際に、このポイント不可が無くなっても、そのことに気づかずにクレジットカードでのチャージを続けている人が意外と多いようです。

Edyをうまく使うために大切なことは、クレジットカードでのチャージのことなど利用方法について分かったうえでEdyを使うということです。

Edyのクレジット一体型カードの注意点

クレジットカード一体型のEdyカードはとても重宝しますが気を付けなければならないことがあります。

よくあるのが、利用金額の管理がしづらいというものです。

特にEdy以外の電子マネーと併用していると、状況は一層複雑になります。

使ったカードの利用金額が何円で、残高が何円で、今月のクレジットカードの利用金額が何円でといったことがだんだん分からなくなってしまうのです。

中にはうっかり使いすぎてしまうという人もでてきます。

さらに、Edy一体型クレジットカードは紛失時に要注意です。

クレジットカード一体型のEdyカードは日常生活においてかなり役立つものなので、紛失時は相当なダメージです。

当然再発行の手続きは複雑なので、基本的に失くさないように気を付けて行いましょう。

もちろん無くしたくて無くす人はいないでしょうけどネ!

一つ覚えておいたほうが良いのはクレジットカード一体型のEdyカードは、Edyの電子マネーを使い切ってからでなければ、クレジットカードの解約ができないということです。

クレジットカードの利用期間が過ぎていたため何気なくカードを裁断処理したとします。

そうするとカードにチャージしていたEdyの電子マネー全部を失ってしまうのです。

カードは一体化していますが、クレジットカードと電子マネーの機能は別々なものです。

EdyはEdyとして、クレジットカードはクレジットカードとして扱わなければいけないので、一体型であってもその点で注意が必要です。

One Response to “クレジット一体型Edyカードの特徴と注意ポイント”

  1. […] Edyには多種多様な形のものがありますが、その中でもいちばんよく利用されているのがカード型のEdyです。 社員証や学生証、クレジットカードやキャッシュカ…[続きを読む] […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ